国内最安!ホワイトニングはコチラ

歯垢と歯石の違いは?確実に除去する方法もご紹介!

歯石 歯垢 違い

歯垢と歯石の違いとは?

歯垢と歯石はよく混合されがちですが、これらは別物です。

しっかりと歯垢と歯石の違いを理解し、それぞれの対策を行うようにしましょう。

歯垢とは?

歯磨きを怠ると、歯の表面に白いねばねばしたものが付着します。

これが歯垢と呼ばれるものです。

別名「プラーク」とも呼ばれています。

歯垢は食べかすが付着したものと思われがちですが、実は細菌の塊です。

1gあたりに数百~数千億個もの細菌が存在すると言われています。

歯磨きをサボったり、しっかりとブラッシングできていないと歯垢が付着してしまいます。

歯石とは?

歯垢を更に放っておくと、白く硬い石のようなものに変化してしまいます。

これが歯石と呼ばれるものです。

しっかりとブラッシングで歯垢を取り除いていれば、歯石への変化を防ぐことができますが、磨き残しがあると知らず知らずのうちに歯石になってしまう為、注意が必要です。

特に気を付けておきたいのが、歯と歯の間や奥歯周辺です。

歯と歯の間や奥歯周辺は非常に磨きにくく、しっかりと朝昼晩磨いていたとしても、実は歯垢の除去ができていないケースがあり、これが歯石へと変化してしまいます。

歯石は非常に硬く、一度付着してしまうと、歯磨きでは落とせないのが非常に厄介な点です。

歯石を除去するには歯医者に行き、削り取ってもらう必要があります。

歯垢除去を確実にする方法は?

歯垢の除去を確実にすることができれば、歯石になるのを防ぎ、虫歯、歯周病の予防にもなります。

歯垢除去の方法を今一度チェックしておきましょう。

正しいブラッシングを身に着ける

自分ではしっかりと磨けていると思っていても、意外と正しいブラッシングができておらず、歯と歯の間や歯と歯茎の間に歯垢が溜まっている可能性があります。

正しいブラッシングのコツは、”小刻みに動かす”ことです。

こちらの動画を参考に、今日から実践してみましょう。

歯垢染色剤を使用する

歯垢染色剤とは、歯医者でよく使われるもので、プラークチェッカー、プラークテスター、カラーテスターとも呼ばれています。

赤や青の着色剤を口に含むと、歯垢がそれらの色で染まり、歯垢がわかりやすく可視化されます。

こうすることで、磨き残しが一目でわかるようになり、歯垢の付着をしっかりと落とすことができます。

誰でも簡単に購入し、使用することができるので一度試してみるのもいいかもしれません。

白く美しい歯を維持しよう!

今回は歯垢と歯石の違いから、歯垢を確実に除去する方法までご紹介しました。

正しいブラッシングを身に着けて歯垢は確実に除去できるようにしましょう。

また、しっかりとブラッシングできていない方は、知らず知らずのうちに歯にステインが付着し、歯が黄色くなっている可能性が考えられます。

歯が汚いと、周りから自己管理ができない人というレッテルを張られてしまい、就職活動、恋活、会社生活など広く悪影響を与えてしまう可能性も考えられます。

今や1回あたり2500円から施術可能なホワイトニングクリニックも登場し、これからホワイトニングはどんどん普及していくことが考えられます。

この機会にホワイトニングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

\国内最安!starwhitening/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です